Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

M's DIARY

読んだ本の記録
<< 赤×ピンク | main | 夜は短し歩けよ乙女 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
陽気なギャングが地球を回す
『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎 読了。

またもや伊坂作品。ノンストップ(笑)
これもかなり面白かったです。本当にどうしてこんなにキャラが立つのか。
どんな嘘も見抜く成瀬。演説の腕はピカイチの響野。スリのプロ、久遠。正確な体内時計を持つ雪子。
誰も個性があって、愛着のわいてしまうキャラクターばかり。
話の流れも、銀行強盗をやり遂げたはずが次から次へと問題が降りかかってきて、ぐいぐい引っぱられるようになってるのです。飽きさせない。
それに「これ話に関係ないけど、絶対伏線になってくるだろうなあ」と思ってたものが、見事に利いてくる。特に後半、最後の方の流れはニヤニヤせずにはいられないんですよね。
なんというか、ニクイ。
「これでもか!」っていうくらい、畳みかけがくるのが痛快。まさしく、陽気なギャングたちなのです。
| | 17:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:28 | - | - |