Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

M's DIARY

読んだ本の記録
<< 13ヵ月と13週と13日と満月の夜 | main | 赤×ピンク >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オーデュボンの祈り
『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎 読了。

伊坂氏のデビュー作。
コンビニ強盗に失敗して逃げていた伊藤は、気づけば知らない島に。
その島はずっと昔から外と交流を絶っているとか、妙な住人がいるとか、なんと喋るカカシまでいるとか。
一見ファンタジーな、不思議な話でした。
他作品(といってもそんなに読んでいるわけではないのですが)と比べると溜め息ものの美しい構成力と秀逸な伏線は際立ってはいませんが、その分内容が濃いというか、技巧より物語そのものに惹かれました。
しかし、相変わらず登場人物たちは魅力的。
特にカカシの優午と、連れてこられた伊藤を勝手に案内する日比野はよい。好き。
そして「オーデュボンの祈り」というタイトルも、納得させられる話の流れ。
何よりも「この島には欠けているものがある」という言い伝えがちらほらと登場するんですが、その「欠けているもの」が最後に明かされる。
それがもう、ニヤリとさせられるのですよ。なるほどこれを持ってくるか、と。
| | 20:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:02 | - | - |