Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

M's DIARY

読んだ本の記録
<< ノルウェイの森 | main | 13ヵ月と13週と13日と満月の夜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人間失格
『人間失格』太宰治 読了。

今更な作品をもうひとつ。
これ、中学生のとき読書感想文で書こうとして挫折して、高校でも確か挫折した覚えのある作品。
どうしても最初でつまずいて、「面白くない」と投げ出していました。
けれど、今になって読んでみるとするすると読めてしまいました。不思議です。
感想は難しい。主人公の考え方にもやもやさせられたり、周りの評価にニヤリとさせられたり、また友人との会話にはっとさせられたり。
静かな文章にひそむちょっとした冗談の違和感だとか、主人公の言動だとか。魅力を感じました。
面白さ。戸惑い。憂鬱。ユーモア。諦め。何をとっても当てはまらないし、でも当てはまる気もする。
個人的には罪の対義語についての話がされていたところが面白かったです。
| | 19:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:18 | - | - |